Information
オタクの電脳
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
伊娃的誘惑

2016年09月27日

り、否定したりして、自

気色悪いね、なんて言われて、かわいそう、蝶さん。
ほんと、気持ち悪い。
おそらく、営利目的が絡むのだろう。
前にもこういう事例があり、同じ被害にあったブロガーさんが熱く立ち向かって格闘しておられたが、
勝手に利用されるほうは、不快この上ない。
「被害ブログの会」でも立ち上げる?
そんなめんどくさいことは、わたしの省エネ人生の辞書にはないけれど。

当ブログの©コピーライトは、スローにありますので、よろしくお願いします。
(なんて、書くだけ無駄だけど)
また部分的に破片的に、コピペされてネタにされて、あ~あ、の世界。
インターネット、お遊びの場合は、ちょいちょいっと、つまみ食い的に、自分に有効な使い方をするのが良さそうです。


ついでに、たまたまコピペされた記事の中の「卵かけごはん専門店、上から目線」論、
どこぞのどなた様、解説、ありがとうございました。
なぜ上から目線なのか、考え方を分析していただいたようだ。
わたしは、飲食店を開こうと思っていないし、食や客のマーケテイングに詳しいわけでもない。
卵かけごはんの根強いマニアックなファンがいるかも知れないし、それで採算が取れるとオーナーは試算したのであれば、べつにそれでよい。
わたしの興味レーダー、センサーが作動しなかっただけのこと。
「知りもしないで、けなした」と捉えられても、その通りで、その時、思いついた感想を、母娘二人だけの閉ざされた密室会話で、一言、漏らしただけ。
政治家や公人が、公の席や講演会、HPやブログで、立場を考えずつぶやいた、などのような、影響はない。

「よく知りもしないで、けなす」ことこそが、上から目線のベースなのかも知れない。
では、これからは、よく知ったうえで、けなせばよいということか。

デキないで、けなすのは、イソップ物語の「酸っぱい葡萄」。
負けず嫌いで、でもデキなくて、でも負けを認めたくなくて、悔しい想い、マイナス感情の持って行き先に困って、もやもやしている人が、「デキない事柄」をけなした分のマイナス感情を消去する。

では、デキて、けなすのは?

やはり、「けなす」という行為そのものがよくないようだ。
では、けなさず、なんでもかんでも肯定、賛同する?
そういう、無条件にすべて賛同してくれる人に賛同されると、はたして認められた気になるかどうか?

「けなす」は、ケチをつけること。
「否定」が根底にあるのだろう。  

Posted by 伊娃的誘惑 at 17:08Comments(0)

2016年09月05日

雨の匂は言って

 国境にさしかかった僕は一旦足を止め、見えない白線白鳳丸功效を乗り越える勇気を今一度自分自身に問いかけてみた。答えは出ていたはずなのに、と小さな自分を悔しく思った。
 孤独に纏わる寂しさや悲しみ、もちろん楽しみもそこには含まれている。生きている以上抱えておかなければならない数々の感情と記憶を、僕はこの国境を越えることによってどうしたいのだろう。超える前に一息つこうと腰を下ろした。この弱さが僕なのだと少し笑えたけれど、きっと君も《らしい》と笑うだろう。国境に咲く花を、いつか君に届けられるといい。

手にはチョコレートを握っていることを、伝えられないでいました。

 雨が降ると予報でいたけれど、そんな気配はまったくせず、いもBand1中學今はまだしない。背負籠の中からひとつを選び、細々と確認をしてからまた戻す。その作業を繰り返しながらじっと俯いたまま歩いていました。
 「綺麗な花には棘がある」
 君がそう呟いていたのは昨日のことです。綺麗なものへの憧れではなくて、綺麗だと言われるものを綺麗だと思いたくない意固地な部分が君の特徴かもしれないですね。そういうと、傾いた顔に見え隠れする口角が一瞬くっと上がりました。

 手に触れた瞬間に総てが枯れ落ちてしまうような、そんな繊細なものが白鳳丸功效この世にあることを君は知っていました。雨も雨音も、其れらによる湿度も薄暗さも、其のどれをも君はとても愛しく思っていて、けれど決してそれを口にも態度にも出さずにいました。

 公園の短い薔薇のアーチを抜けると、君の姿はすでにありませんでした。君はきっと、握りしめているチョコレートが掌で溶けてしまっていることも、伝えずにいるのでしょうね。

 それが、君の優しさだと思います。   

Posted by 伊娃的誘惑 at 16:47Comments(0)

2016年08月01日

りを覚えて違うけれ

 気持ちのよい晴れ。
 はらはらと散る花びらの下を……というより、散った花びらの上を、真新しい靴を履いた一年生が歩いて行くのを見て、やっぱり春っていNespressoいなと思う散歩の途中。
 
 犬と歩いていると、地面近くに咲く草花が目に入る。タンポポやオオイヌノフグリやカラスノエンドウの花が咲いていて、スギナが黄緑色に茂っているのがきれいだ。ツツジの木陰にはドクダミの葉を見つけ、見ただけでその香りツンと匂ってくるような気がした。
 
 春になると、梅だ桜だと木を見上げるけれど、子供の頃には見た覚えがあまりないのは、視線がいつも低かったからなんだろうか。木の花といえばせいぜいツツジか沈丁花か、クチナシや紫陽花(名前を知っていたというより、その木を知っていたという意味で)だったのも、そのせいなんじゃないかと思う。
 
 目の高さだけではなく、複雑な想いの絡まない単純咖啡粉囊な記憶には、香りが大きな役割を果たしていたのかもしれない。というのも先日、海南鶏飯を食べに行ったのだが、見た目は「ああそうそう、こんな感じだったわね」というくらいだったのに、ご飯を一口食べた時の、口の中に広がる香りがもう強烈に懐かしくて、タイムスリップしたような気さえしたのだ。
 
 先に書いた子供の頃から知っている木々にも、香りがある。沈丁花やクチナシには独特の強い香りがあるし、ツツジは花を口に含んだ時に鼻に抜ける香いる。紫陽花はちょっとど、そうそう、キンモクセイも香りで覚えたのだ。
 香りといえば、街を歩いていて誰かとすれ違った時に、その人の付けている人工的な香りで誰かを鮮やかに思い出すということもあったりする。香りの力ってすごいわ。
 
 わたしにとって桜が特別になったのは、ここ十数年のことだ。でもそこに香りの記憶はないから、香りでは、桜を思い出さない。たまに「桜の香り」っていう香りのNespresso咖啡機ものがあるけれども、あれにはなんの力もない。
↑単純な応援ボタンです↑
押してもらえると喜びます
いただいたコメントのお返事は「こちら」です

ブログランキング・にほんブログ村へ
  

Posted by 伊娃的誘惑 at 18:43Comments(0)

2016年07月25日

とを思い出んな意味

 左上から、ロリポップ(スカシユリ)、右が黄花カタクリ(去年から植えたまま)
 左下が、レンゲショウマ。これは咖啡種類植え方がまずかったらしく、端っこからコンニチハ。その右が、ブルーポピーだ。ピントが合ってないけど、いかにもポピーっぽい産毛がたくさんついている。去年のクロユリもひとつ、顔を出していた(撮り忘れ)。

 ベランダの後は、ピアノの練習をしたり、昨日もらったばかりの朗読劇の脚本集を片っ端からひとりで声を出して読みまくったり、(黙って)本を読んだり、あとは普通に家事もして、のびのびと充実した日曜日でありました。

 ピアノでは今、チック・コリアの「スペイン」を練習しているけれど、これはずっと前に弾きたいと(そのときはエレクトーンで)思った曲で、でも、忙しかったのかNespresso Pixie Clips咖啡機難しかったのか、手を着けないままなんとなく忘れてしまったものだ。それを、半年前にピアノを始めてから聴く機会があり、好きだったこし、今、弾いている。まさかピアノで弾こうとする日が来るなんてあの頃は思いもしなかった。

 過去に一度、心に留めたものたちが、時を経て、いろ裕ができたところに、また現れ、今ならできることに気づかされる。年を重ねるにつれて、そういうことが増えている気がする。仕方なく別れた昔の恋人に再会、みたいな(たぶんそれはチガウ)。

「今」もいつか過去になるから、何かやりたいとか、欲しいNespresso Pixie Clips 咖啡機とか、そういう願望を素直に持つのは悪くないんじゃないかなあと思う。あんまり思いつめないで、ちょっと忘れて、いつかまた出会おう。   

Posted by 伊娃的誘惑 at 17:57Comments(0)

2016年07月20日

懷念舅婆

清明時節,細雨菲菲,天空灰濛濛,人們的眼神裏隱藏著憂傷。我們驅車,帶上焚香、水果、鮮花、熟肉,來到舅婆的墳前,虔誠地鞠躬,默默改善膚質地祈禱,願她在天之靈安好,不要記掛我們這些在世的人。許願,也只是一種形式,一種願望,希望舅婆保佑我們生活平安,身體健康,我想,這也是她所希望的吧。

她在世的時候,我最怕她的臉和背影。她的臉真的很難看,滿臉都是皺紋,皮膚黑黑的,長滿老人斑,不規則的臉型,像是黑泥捏成的,消瘦,沒有肉,特別是那雙憂鬱而空洞的眼睛,深深凹陷,眼神裏透著一股陰冷的氣息,好像要看穿你內心深處暗藏已久的秘密。她很矮,也很輕,走起路來輕飄飄的,幾乎沒有聲音,有時,轉過頭去,忽然發現她就在身後,一聲不響的,看著她那黑暗幽深的眼珠,心裏不禁毛骨悚然。

她的咳嗽聲,她吐痰的聲音,是唯一能引起我們注意的地方。這種聲音,我曾深深地討厭。她的背不知什麼原因,年輕時候就幾乎90度的彎曲,像一座小小的山峰,緊緊地豎立在那裏,永遠也摘除不掉。

聽母親說,舅婆與舅公一直MC激光脫毛都沒有孩子,奶奶去世得早,爺爺是知識份子,被下放到農村,只能把尚小的父親託付給他們。於是父親就成為他們的養子。舅婆從來都是個愛嘮叨的人,父親從小叛逆,聽不得半句訓言,經常與她拌嘴,只是不知舅婆為他抹了多少眼淚,操了多少的心。那時,正逢三年大災荒,一家人怎麼都吃不飽,可是如此瘦弱的舅婆總是把最好最有營養的飯菜留給瘦弱的父親,也不知父親是怎麼想的,總也不領她的情,也許,她沒有奶奶那麼親,那麼溫柔,那美麗,養育之恩,在父親心中,也許比不上血濃於水的親情。

而我,每次回鄉,都遠遠地躲著她,害怕她的眼神,害怕她的幽靈般的飄忽,更害怕她佝僂的背影。雨紛紛,霧濛濛,她的親人都來拜祭她,她的墓地藏在幽暗竹林的深處,微風輕掃而過,葉兒唱著低吟的歌曲,冷風輕漫,那焚香的煙曲曲折折朝天際飄去,鮮花的清香夾雜在煙雨中,芬芳了我的回憶,感傷了我狹隘的靈魂。

每一次回鄉,第一個出來迎接我的是舅婆,她那寬大而消瘦、黝黑而青筋暴起的雙手總是握著我的小手不放,在掙扎中,我感受到一股溫暖的力量,那種力量,來自一個身份地位如此平凡卑微的老人,來自一個表面上看來面目如此醜陋的老人,來自一個心地如此救世軍卜維廉中學寬厚善良的老人。她抱起我,用她那瘦小的身軀親近我,她的臉,貼著我的臉,在擺脫中,我分明感受到一顆愛屋及烏的心,她愛著父親,自然也愛著我。只是我那樣明顯的從她的手中、懷中逃脫,卻不曾瞭解體諒過她的黯然神傷。

舅婆的手是一雙舉世無雙的巧手。她會編織一個又一個形狀各異、花式漂亮的小花籃、大蒲扇,夏天的夜晚,蚊子多,咬得我們的身體起了許多紅紅的小胞,舅婆做了許多扇子,分給親戚鄰居,那時我還沒上小學,舅婆抱著我,一邊為我塗著香油,一邊扇著扇子,口中唱著令人昏昏入睡的歌謠。

早上,她握著我的小手,我與她各自挎著一個菜籃子,歡歡喜喜摘著那誘人可口的小花和野菜。初夏的陽光,格外的明媚,溪水環繞著竹林,涼風吹來清涼的花香,引來蜂蝶飛舞,竹葉兒歡快起來,唱著一首首歡快的歌謠。舅婆拿著野菜,在閃著明晃晃光澤的碧波裏輕輕地洗掉它們的塵土,每逢這個時候,我便知道中午又有新鮮美味的野菜吃了。

我一天天長大,對舅婆的感情便一天天疏遠。也許是因為她一天天老去,樣子越發難看了。所以不像小時候回鄉那樣跟她親近,有說有笑,長大後每次回鄉,躲在樓上看書,便成了我唯一能擺脫她陰影的方法。我沒有和她說過一句話,沒有給過她一個感激的微笑,沒有為她煮過一頓可口的飯菜。可是她依然疼愛著我,我不小心從樓上摔下來,她急得馬上從廚房趕來,用盡吃奶的力氣,扶起我,又一步當三步地跑到房間裏拿藥酒,為我輕輕塗上,用嘴小心翼翼地吹著氣,心疼地問:“疼不疼?”“不疼了。”

長大了,每次回鄉,舅婆都做那身香甜可口的糍粑,我一頓要吃好幾個呢;每次回鄉,她都要做煮那肥美清香的白切雞,惹得我口水連連;每次回鄉,她都要做那清熱解暑的銀耳蓮子羹放進冰箱裏,過了幾個小時,將它喝下,全身的燥熱一掃而光。

雨水打濕了我的臉龐,心裏有種情絲在顫動,舅婆去世前的那一年,給了我幾百塊錢紅包,說:“健,這是我一點點心意,雖然很少,但是你拿著吧,買些東西吃,養好身體……”我霎那間被感動了,一時不知說什麼好,手裏緊緊捏著這一份沉甸甸的心意,看著舅婆那雙眼睛,才明白,那是歲月的滄桑,命運的無常帶給她的傷害,不了解她的人,會因那雙有點恐怖的眼睛而害怕、遠離,瞭解她的人,卻能分明的從她的眼神裏找到天生的悲憫、慈愛和暖暖的熱情。

她的背影,本應該是惹人憐愛和同情的,只是,我被她醜陋的表像所迷惑,並不知,那背,承受了多少人間的悲歡離合、人情冷暖、世態炎涼。她的背影,是那樣沉重,一步步走在養育父親、承擔本不應該承受的道義與責任。不被理解,卻依然獨自前行,淒風冷雨中,飽受多少冷言冷語,她的背,是被生活與世情壓彎的,壓不彎的是她堅強、寬容與淡然的心胸。

舅婆經常吞咽困難,是小時候發育不良烙下的病根。她不時發出的尖銳的聲音,總是引起別人厭惡。可我現在才明白,這不是正確的理由。當我自己的腳不能正常走路,走起路來形態非常難看的時候,當我感受到周圍的人們投來異樣和奇怪的眼光的時候,我才明白,病不是自己錯,而是上天給我們安排的命運,當自己與別人有了相似的遭遇時,才能明白人人都有自己的悲傷與愁苦,我們又何必再捅上一刀?更何況那個人是自己可親可敬的親人?

舅婆是因為吃飯的時候吞咽困難而離世的,她走得是那樣痛苦,那樣突然,令人難以接受,她走時,才74歲,平時也沒什麼大的病,不知為何上天還要用她的弱點來懲罰她?

雨,一直下,我回憶著那些年對她的不敬,那些年她對我的好,百感交集,也才有所醒悟,記住了您對我的愛,我將以這樣的愛來愛我身邊的人,放心吧,舅婆,我會勇敢面對悲劇的人生,像您一樣,做一個有愛的人,心胸寬闊,堅強不屈。

雨停,我帶著對您的愛離開了,明年,我還會再來。  

Posted by 伊娃的誘惑 at 17:10Comments(0)

2016年07月18日

《愛蓮說》讀後感

水陸草木之花,可愛者甚蕃。晉陶淵明獨愛菊;自李唐來世人甚愛牡丹;予獨愛蓮之出淤泥而不染,濯清漣而不妖,中通外直,不蔓不枝,香遠益清,亭亭淨植,可遠觀而不可褻玩焉。予謂:菊,花之隱逸者也;牡丹,花之富貴者也;蓮,花之君子者也。噫!菊之愛,陶後鮮有聞;蓮之愛,同予者何人?牡丹之愛,宜乎眾矣Neo skin lab 電話

作者起筆說:“水陸草木之花,可愛者甚蕃。”選用“可愛”二字,包羅群芳,表明托物寄興,並不刻意求工,極見其立言斟酌之妙。接著敘說“晉陶淵明獨愛菊”。陶淵明不肯為五斗米折腰,解綬歸隱後,飲酒賦詩,安享“采菊東下,悠然見南山”的田園逸趣。“獨愛菊”,顯示淵明雅致芬芳,傲然物外的性格。繼寫“自李唐來,世人甚愛牡丹”。據唐人李肇《國史補》卷中載:“京城貴游,尚牡丹,三十餘年矣。每春暮,車馬若狂,以不耽玩為恥。執金吾鋪官圍外寺觀種以求利,一本有值數萬者。”又劉禹錫《賞牡丹》詩:“惟有牡丹真國色,花開時節動京城。”自居易《買花》詩:“共道牡丹時,相隨買花去。……一叢深色花,十戶中人賦酒店職位空缺

”都從不同側面反映了唐人、特別是統治階層“甚愛牡丹”的好尚。然後作者撇開一筆說,讓那班人愛其所愛吧,“予獨愛蓮之出淤泥而不染,濯清漣而不妖,中通外直,不蔓不枝,香遠益清,亭亭淨植,可遠觀而不可褻玩焉”。這一連串鋪敘,對蓮花挺拔秀麗的芳姿,清逸超群的令德,特別是可敬而不可侮慢的嶔崎磊落的風範,作了淋漓盡致的渲染。作者所表達的,決不是一班文士墨客百無聊賴的閒情逸致,而是他身處污濁環境,獨能超然脫俗,保持高風亮節的自我寫照。他為官正直,數洗冤獄,為民作主;晚年定居廬山,著書明道,潔身自愛,頤養天年,便是身體力行,澹泊明志的體現。這正是這篇小品能給人思想情趣以深切感染的著力之處DSE獎學金

接下來,作者對三種花象徵的不同性格進行了比較和品評:“予謂菊,花之隱逸者也;牡丹,花之富貴者也;蓮,花之君子者也。”本來,花是不具備人格的,但在作者眼裡,蓮花近於菊,卻不像菊那樣清高冷傲,似乎是逃避現實的隱者;它更不像牡丹那樣妍麗妖冶,以富貴媚人。蓮花出於污濁現實而不受沾染,受清水洗濯而不顯妖冶,實為百花叢中的賢君子啊!另外,蓮花又是佛教中的聖物,如來、觀音均以蓮花為座。唐釋道世《三寶敬佛》雲:“故十方諸佛,同出於淤泥之濁;三身正覺,俱坐於蓮台之上。”作者《題蓮》詩也雲:“佛愛我亦愛,清香蝶不偷。一般清意味,不上美人頭。”正可與這篇小品參照閱讀,情趣相得益彰。

最後,作者飽含激情,由評花進而對“愛”也作出評價:“噫!菊之愛,陶後鮮有聞;蓮之愛,同予者何人?牡丹之愛,宜乎眾矣!”深深地慨歎:當今之世真隱者少,有德者寡,而趨炎附勢鑽刺富貴之門的小人比比皆是;這莽莽紅塵,能有幾個志同道合之人,共同去根治這社會痼疾呢?言下雖不免流露出一種孤掌難鳴的哀怨,但一語暗諷,意味深長,無情地鞭撻了那些寡廉鮮恥之徒,給讀者留下聯翩的浮想。《愛蓮說》為宋代散文中的上乘之作。不僅思想深刻,情趣健康,其藝術手法亦別具特色。全文僅一百十九字,內蘊卻無比豐富。

其中有對芸芸眾花的敘述,有對蓮花君子形象的描寫鋪陳,有對愛花態度的議論,有對內心感慨的抒情,而這一切又都為“愛蓮”的主旨服務,主題思想十分鮮明。又運用擬人化手法,將人類美好的品德情操賦予蓮花,備加禮贊,借花喻人,自況自勵。對寄“隱逸者”、“富貴者”、“君子者”三者對比映襯,以揭示蓮、菊、牡丹各自不同的形態與氣質;並以菊為陪襯,以牡丹為反襯,使蓮花挺拔超群的高潔形象矗立于讀者心中,歌頌了自己堅貞不渝的理想和潔身自愛的君子情操,對競名逐利的世態人情表明了心跡,言已盡而意無窮,極富藝術感染力。   

Posted by 伊娃的誘惑 at 12:32Comments(0)

2016年03月18日

なと思ったん



「ご迷惑だったですかね?」
 福家は、口一杯に頬張《ほおば》った飯を、Pretty renew 呃人お茶で流し込んでから答えた。
「いいえ。私も、赤松さんがどうしてあんなことをしたのかは、ぜひ知りたから」
 福家は、弁当を食べ終えると、今度はポリ袋からサンドイッチを取り出した。小柄な割には、かなりの大食漢らしい。
「北島先生も、どうですか?」
 早苗は、首を振った。朝食は食べていないが、今は、コーヒー以外は喉《のど》を通りそうもない。
「北島先生に同道してもらったのは、その方が取材がやりやすいと思ったからです。新聞記者に対して、協力的な人ばっかりじゃないですからね。相手によっては、お医者さんで、しかも赤松先生の知り合いっていう方が、よっぽど話を聞き出しやすい」
「それだけ?」
「そうすね。まあ、ついでに、先生からも、道々、Pretty renew 呃人お話を伺えたらですが」
「私は、特にお話しするほどのことは」
「そうですか?」
 福家は、意味ありげな笑みを見せた。
「たしか、先生から、アマゾン調査プロジェクトについて問い合わせの電話をもらったのは、ずいぶん、前のことでしたよね。まだ、赤松先生も高梨さんも生きてた」
 早苗は、むっとした。
「だから、何だって言うんですか?」
「いや、どういうことかは、今のところ、さっぱりわかりませんPretty renew 傳銷。私の方がお聞きしたいというか。ただ、お二人ともこういうことになってしまった以上、もし先生が何かご存じだったら、教えて欲しいなあと思っただけですよ」
 しばらく、会話が途切れた。福家のあてこすりのような言い方は不快だったが、客観的には、何か知っていると思われてもしかたのない状況かもしれない。  

Posted by 伊娃的誘惑 at 16:15Comments(0)

2016年02月24日

画面を目で追

エレベータを下り、タイムカードを押し、山岸は検品所へ、寺山は事務所へと別れた。整然と積み上げられた段ボールの谷間をしばらく行くと透明なガラス室內設計 をはめ込んだ間仕切りの向こうに美智代がいるのが見えた。寺山が手をあげると美智代も気付いた。寺山はリュックから紙袋を取り出しドアを開けた。
緑色の絶縁塗料の床はここで終わる。事務所の中は薄いグレーのタイルカーペットが敷き詰められOA机とパソコンが並ぶ。美智代がコーヒーサーバーにサイホンを戻し、カップを手に戻って来た。寺山はそれと交換のように紙袋を美智代に渡し、「ありがとう、おいしかった」と礼を言った。寺山はここでコーヒーを飲みながらしばらく時間をつぶす。荷のリストが打ち出されるのを待つためである。荷は日本全国から各地のチェックポイントを通ってここにやってくる。情報はリアルタイムに更新されここにたどり着いたときには仕訳の半分は終わっているようなものだ。ただその巨大な量と質、形の違い、到着予定時間の狂いから現場の調整が必要になってくる。一つ狂えば連鎖的に狂って来る。リストを見ながらコーヒーを飲む時間も無駄な時間ではない。寺山はテーブルに寄りかかりコーヒーを片手にリストを見ていた。その斜め前で美智代がパソコンのい鑽石能量水ながら骨董市がどうのこうの言うのを寺山は聞くともなしに聞き、美智代の肩を盗み見た。ちょっと疲れて見えるのは椅子の背で寄った制服の皺のせいだ。おかずを作ってくれなくていいと言うつもりだったのだがなかなか言えない。気楽でいい仲だったのでなおさらである。
「うん、だから寺山さんがいいと思うんだ」と後ろから声が聞こえた。
「え?」と寺山は振り返った。
「骨董市ですよ骨董市。寺山さん、以前イベント屋さんののお仕事なさっていたって」
 三月前に課長になった宮田がサスペンダーで吊ったズボンに指先を突っ込みながらそう言った。
「でも課長、寺山さんにだってご都合があるのよ。そんなに急に言われたって。それにイベント屋さんじゃなくてマーケティングの会社でしょ」
「何、骨董市って?」
「だから今言ったでしょ。東センターで今度の室內設計日曜にあるって。協賛の企業が人を出さなくちゃいけないんだけれど欠員が出ちゃって」と美智代は課長をちらっと見、パソコンのキイーを2,3回強く叩いた。
「ん?」と寺山は首をつきだした。  

Posted by 伊娃的誘惑 at 10:42Comments(0)

2016年02月24日

趣味の反映


二日酔いとむくみでしかめっつらした健二に見送られて渋谷を後にした寺山は一旦自宅に戻り美智代に返す紙袋をリュックに入れ会社に向かった。途中物流鑽石能量水倉庫のある駅で山岸と合流した。山岸は最近始まったパソコン組立のキッティング作業や新システムに関して不満と不信を漏らした。「なんぼ合理化のため言うてもあんな年寄りにパソコンいじらすのは可哀想や。学生みたいのにあれせえこれせえ言われてうろうろしてるわ。いっそのこと辞めてくれ言われた方がましやで」山岸の言っているのは最近までトラックヤードを仕切っていて定年で嘱託になった元現場課長の斉藤のことだ。寺山ももちろんよく知っている。一月前まで一緒に働いていたし、ガムテープの張り方から伝票の接続、フォークの取り回しまで叩き込んでくれたのも彼だった。「仕事があるだけましだよ。おまえが思うほど彼は気にしちゃいない。辞めたきゃ辞めるさ」と寺山は言った
 新システムが稼働したのは半年ほど前だった。既にPOSは導入されていたが、自動倉庫を一新し、仕訳をほとんど自動化した。作業を自動化するとミスは致命的な効率ダウンに直結する。手作業でなんとかしようとしても既にそのシステムがない。斉藤はそのミスを連発し伝鑽石能量水票を手に走り回っていた。移動は突然だった。笑顔を凍らせて「はい、はい」とうなづく彼に、本社の若い総務課長はキッティングルームに人が足りないからそっちに回ってくれないかと告げた。三十年以上現場にいる人間にハードディスクのコピーをやってくれと言うのだから辞めてくれと言っているのと同じである。しかし人には出来ない事情がある。斉藤はキッティングルームに移った。
 三月に入ると東京の冬も春の兆しを見せ始めるがこの町にはそれがないされた庭など隅から隅までコンクリートに覆われたこの町にあるはずもなく緑化のために植えられた道路脇の緑樹もいたずらに白い町の広がりを映しているだけである。所々に巨大な橋がかかり海までも人の目から隠し車の中からざっと見るにとどまる。海猫が飛ぶから海があるのが判るくらいで、地上にいる限りどこもかしこも人工物だ。もっとも人が住み憩うための町ではないのであるから当たり前といえば当たり前である。好きこのんでここにとどまる人間は風に吹かれる人間か風に耐える人間か。きっと海猫の仲間で灰色の目を持つ──女の目も青みがかった灰色だった。振り仰いで寺山を見たときにも、キーを差し込んだドアの前で彼女が少し振り向いた時にも
それを見た。ワインレッドのクッションフロア鑽石能量水に鈍い光が広がり、振り返った彼女の目はその光をこの町に緩やかに吹き荒れる風に溶け込ますかのようだった。
 倉庫の2階に上がるエレベータの前で掲示板のチラシを見ながら寺山はその目を思い出した。彼女は「もっと酷くして」と言い、「ごめんなさい」と言い
「許して」と言う。「甘えるな」と髪を掴んだとき青みがかった灰色のその目の奥に懇願のような喜びが見えた。  

Posted by 伊娃的誘惑 at 10:41Comments(0)

2016年01月13日

希望の物語を


「一応、これは物語の始まりなのだから、設定として、僕はお金を盗んだと信じこんでいる。だが、このように新たに読み直すとき、前のエンディングの続きの記憶により、まあちゃんが作者の言われるがままに“偶然”お金を拾ってしまった事を、僕は知っているはずなのに、あえて愚かなふるまいをしなければならない。なぜなら、一応この話は始まったばかりだから。君に会って随分な時間が経っているのに。」
こん太は一歩ちかづいていいました。
「きみはそのお金を拾ってはならない。捨てて。それを持ったら警察に届けなくてはならぬ。それをしたら世界の破滅だ。捨てなさい。さあ。」
こん太は言いましたが、まあちゃんはお金から手をはなせません。
「どうしたの?」
「だめ…できない…これを止めたら、なにかが、こわれる…大変な事になる気が…する。」
「大変な事?すでに大変だ!」
こん太はまあちゃんの手からお金をはらいおとし、ふみつけました。がすがすとあしおとがむなしくあおぞらにひびきます。こん太はどういうつもりなのでしょう。ものがたりははじまりがかんじん。はじまりがこわれたら、つづきもおわりもせいりつしません。
「この、札、束、が、絶、対、的、死、を、招、くん、だ、」
おかねがくろくよごれ、つかいものにならなくなりました。まあちゃんはたずねました。
「これからどうするの?」
「作者の力はこれで失われた僕たちで物語を作るんだ。」
おろかものが。
「どんな物語?」
「未知と言う名の。」

その日の空は、その大きさを示すが如く青く、その大きさを隠すように雲を纏っていた。広がる緑の大草原と丁度いい色合いだ。その草原にマアとコンタが、並んで仰向けになっていた。
マアは言った。
「綺麗な空だね。」
コンタも答えた。
「綺麗な、空だね…。」
二人は起き上がった。西を向けば、あの大きな森が見え、東を向けば、山がある。
「あの山の向こうには、なにがあるんだろう。」
「分からないが…かつてない幸福の園がある、という伝説を聞いた。だが、その園にたどり着こうと、多くの若者が命を失った。」
「でも…行きたい。」  

Posted by 伊娃的誘惑 at 12:43Comments(0)