Information
オタクの電脳
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
伊娃的誘惑

2015年09月10日

これを差し上げま

「おっす! お待たせさん! 一人で寂しかったか?」

「……推定5時間20分16秒の遅刻です。雪崩に巻き込まれて死んだのかと思いましたよ」

「相変わらず細かいヤツだな。この俺がそんな簡単に死ぬかっての」

「それに遅刻じゃねえ。この吹雪で山慈善活動ぁ登れなかっただけだ」

「おめーだってだからここでずっと待機してたんだろが」

「ええ、まぁ」

「まあいいや。カイロくれよ。さっきから体が冷えちまって仕方がねえ」

「カイロ? カイロならもうありませんよ」

「全て通りすがりの人にあげてしまいました」

「はぁ!? 全部か!? 大量に持ってたろおめえ!」

「通りすがりも大所帯だったのですよ。それに命の危険に晒されていた子もいたのです」

「”医者”として黙って見過ごす願景村 洗腦事はできません」

「……こんな時にも医者”だった”事が忘れられねえってか」

「失礼な。私はまだ現役です……そうだ。代わりにしょう」

「なんだそりゃ……ヘドロじゃねえか」

「ふふ、通りすがりの方々は少しおもしろい連中でね」

「少し飲んでごらんなさい。冷えた体が一瞬で回復しますよ」

「ええ、このヘドロを……グガ! にっげえ!」

「当然です。薬ですから」

「おええ~、ペッペ。舌が痺雋景 課程れてきやがる……」

Posted by 伊娃的誘惑 at 11:50│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。