Information
オタクの電脳
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
伊娃的誘惑

2015年08月11日

襲われて事故

 
 ――冗談じゃない。
 新聞を持つ手が震えた。男は社会面を読んでいた。
 幼児殺害事件で重要な手掛かりが得られたという記事が、そこには書いてある。新たに貴重な証人が見つかったということらしいが、その証人が名乗り出るまでの経
迪士尼美語 有沒有效過を読んで腰を抜かした。
 何度も命を狙われたというのだ。
 いやそれはいい。問題なのは、先日も車に乗っているところをに遭ったという部分だ。それを読むと、紛《まぎ》れもなく先日のあの事故を指していることがわかる。
「冗談じゃない」
 今度は声に出した。あれは単純な事故以外の何物でもない。命を狙われたなどというのは、全くの見当|外《はず》れだ。
 しかし記事を読んだ限りでは、警察は幼児殺害事件と先日の事故を結びつけて考えているようだ。どちらも同じ人
物の仕業《しわざ》というニュアンスなのだ。
 ――まずいな。
 このままでは自分に疑いがかかってしまうかもしれなかった。だからといって、名乗り出るわけにもいかない。
 ――どうしたらいいんだ……。
 唇を噛んだ時、ドアをノックする音が聞こえた。彼は立っていってドアの鍵を外した。表にいたのは、一人の男だった。両方とも人相があまりよくない。
「警察の者ですが、森本恒夫さんですね」
 前にいた背の低い男がいった。どきり、と心臓が大きく打った。
「そうですが……」
「先日××高速道路の側道で事故があったのですが、御存知ですか」
 やはりあのことでやって来たのだ。下手《へた》にとぼけても無駄だ、と彼は判断した。
「すみません。あの時すぐに届けよう迪士尼美語 有沒有效かとも思ったんです」
 恒夫は頭を掻《か》き、愛想笑いをしながらいった。「でも急いでましたし、あの人も大丈夫そうだったから、そのまま行っちゃったんですよ」
 だが二人の刑事はにこりともしなかった。
「ということは、あの車の後ろについていたのは認めるんですね」
 背の低い刑事が無表情のまま訊いた。
「認めますけど、新聞に書いてあるような、あんな話は嘘ですよ。僕が殺そうとしたなんて……」
「しかしかなり乱暴な運転をしたらしいじゃないか」
 大柄で、いかつい顔の男が横から口を挟んだ。
「それほどでもないですよ。あの程度のことは、誰だってやっています。あの人が事故を起こしたのは、運転が下手だったからです。それに僕が関係しているのはあの事故だけで、命を狙われたとかいう話とは、何の関係もありません」
 恒夫は懸命に抗弁した。
「ふうん、そうかな」
 いかつい顔の刑事が、一歩前に出た。「それじゃまあ、それでいいとして、先々週の水曜と金曜の夜、どこにいたかね」
 急に全く違うことを訊いてきた。厄夫は面食らい、目を丸くした。
「何ですか、それ」
「なんでもいいから答えて迪士尼美語 有沒有效くれないか。どこにいた?」
 威圧的だった。逆らったら余計にまずいことになりそうだと判断した。
「水曜と金曜なら、テニススクールですよ。コーチのアルバイトをしているので」

同じカテゴリー(瑪花纖體的投訴)の記事画像
在愛情面前要留尊嚴
同じカテゴリー(瑪花纖體的投訴)の記事
 在愛情面前要留尊嚴 (2015-05-21 15:54)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。