Information
オタクの電脳
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
伊娃的誘惑

2016年03月18日

なと思ったん



「ご迷惑だったですかね?」
 福家は、口一杯に頬張《ほおば》った飯を、Pretty renew 呃人お茶で流し込んでから答えた。
「いいえ。私も、赤松さんがどうしてあんなことをしたのかは、ぜひ知りたから」
 福家は、弁当を食べ終えると、今度はポリ袋からサンドイッチを取り出した。小柄な割には、かなりの大食漢らしい。
「北島先生も、どうですか?」
 早苗は、首を振った。朝食は食べていないが、今は、コーヒー以外は喉《のど》を通りそうもない。
「北島先生に同道してもらったのは、その方が取材がやりやすいと思ったからです。新聞記者に対して、協力的な人ばっかりじゃないですからね。相手によっては、お医者さんで、しかも赤松先生の知り合いっていう方が、よっぽど話を聞き出しやすい」
「それだけ?」
「そうすね。まあ、ついでに、先生からも、道々、Pretty renew 呃人お話を伺えたらですが」
「私は、特にお話しするほどのことは」
「そうですか?」
 福家は、意味ありげな笑みを見せた。
「たしか、先生から、アマゾン調査プロジェクトについて問い合わせの電話をもらったのは、ずいぶん、前のことでしたよね。まだ、赤松先生も高梨さんも生きてた」
 早苗は、むっとした。
「だから、何だって言うんですか?」
「いや、どういうことかは、今のところ、さっぱりわかりませんPretty renew 傳銷。私の方がお聞きしたいというか。ただ、お二人ともこういうことになってしまった以上、もし先生が何かご存じだったら、教えて欲しいなあと思っただけですよ」
 しばらく、会話が途切れた。福家のあてこすりのような言い方は不快だったが、客観的には、何か知っていると思われてもしかたのない状況かもしれない。  

Posted by 伊娃的誘惑 at 16:15Comments(0)