Information
オタクの電脳
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
伊娃的誘惑

2015年11月26日

クが出来ない


爽やかな汗と言いたいが、実際は人を殺そうと汲々(きゅうきゅう)としてかいた汗なのでどうかというところだ。
「しかし、体力だけで……は、この試験を乗り切ることは出来ないんだな」
アリーシュは膝に手をつきながら言った。
「もし体力だけが問題なら、中年や壮年の人は一発で不合格になるのだ。しかし実際は違う」
「アタマも必要ですからね。それと運。…しかし、体力って言うのなら」
エイリスがじーっとアリーシュの胸を見た。
「そのデカい胸は走るのに邪魔そうですね」
「失礼なんだな! セクハラだ!」
「全くよ。デリカシーのない男ね」
「本当のことを言ったまでです護肝食物
二人に文句を言われても、エイリスはけろっとしている。慣れたものだ。

だがふと、懐からフォークを出して溜息をついた。
「しかし、これは殺傷力がなくて困る」
「え?」
「何の話?」
「せっかく当たってもこれだけで試験者が死ぬ事は滅多にないから」
続いて、ミシェルの日本刀をチラリと見た。
「自分は本当はレイピアを使いたいんですけどね。……レイピアっ脫髮治療て何か分かります? 刺突用の剣ですよ」
「それはご丁寧にどうもなんだな。でも、それなら使えばいいのに」
「フォークみたいにストッんですよ。そもそも、自分は体力がありませんので。
本当は追いかけるより、待ち伏せたり、物を投げて攻撃した方がいいんです」
「じゃあさっき、それを投げれば良かったですのに」
ミシェルはツンとして言う。
「何故やりませんでしたの?」
「階段を上ってる最中ですよ。うまく彼に命中すればいいですが、そうでなかった場合跳ね返って、こっちにダメージがきそうじゃないですか」
「あら、そう王賜豪主席
「……しかし、エイリスもアリーシュも怖いのだ」  

Posted by 伊娃的誘惑 at 16:52Comments(0)