Information
オタクの電脳
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
伊娃的誘惑

2015年09月30日

許された行動

 かつて、吉良家への討ち入りの時、大石たちが書いて門前に残した文章を、ちょっと変えただけのものだ。
 良吉はこの高札の下にすわり、絶食して死ぬつもりだった。しかし、たちまち門番役の一隊がやってきた。良吉はとっつかまった。人だかりがし、大さわぎとなる。
 良吉は町奉行所へ連行された。そこで奉行に抗議した。
「なぜ、こんなところでさばかれるのか」
「ご政道を公然と批判し、それを実行した浪人は、町奉行によってさばかれることになっている」
「不公平だ。それが法でござるか。浅野の浪人と同能量水じ条件である。あいつらは、大名家へおあずけとなり、ちやほやされ、その上での切腹だ。なぜ人によってあつかいを変える。法の乱れは、天下のほろびるもとだ」
「やっかいなやつだな。どうしてくれというのだ」
「老中、若年寄、大目付たちの会議の上での評決をお願いしたい。そうしないと、お奉行、貴殿の手落ちとなり、後世へ悪名が残りますぞ」
「妙な話になってきたな。申しぶんはわかった。あらためて相談してみる」
 町奉行は書類をもって上へうかがいをたてた。独断でやって、あとで問題にされるよりはいい。ことは公的なものとなったが、どの役も変な責任はとりたくないと、押しつけあう。しかし、いつまでもほっておけない。
 やむをえず押しつけられた役の者が、結着をつけた。自分の屋敷へ良吉を連れてきて、処分を申し渡した。
「黒潮良吉とやら、そのほうの志、武士としてみあげたものである。しかしながら、江戸の城門をさわがせし罪、軽からず。よって、大名家へおあずけとする」
「切腹ではないのですか」
「だれかを殺害していれば切腹だが、それをしていない。よって、罪一等補習社邊間好減じたのだ。ありがたく思え」
「どこの大名家へですか」
「知らんでもいいことだ。おあずけとなれば、どこでも同じことだ。これは上意でござるぞ」
「ははあ……」
 良吉は平伏した。そこに上意の文書があったのかどうか、見そこなってしまった。たちまち、かごへ押しこめられ、外を見ることもできず、どこかへ運ばれた。
 だれかの大きな屋敷につく。一室にほうりこまれた。そこは座敷|牢《ろう》。格子がはまっていて、出ようにも出られぬ。なかでの食事と排便だけが。風呂へも入れない。
「なんというあつかいだ。本でも読ませろ。なにかやらせろ。浅野の浪人たちと、だいぶ待遇がちがうようだぞ」
 と食事を運ぶ係に文句を言った。
「浅野の浪人たちは、切腹でしたから、ああしたのです。あなたはちがう。これが正式なのです」
「まるで気ちがいあつかいだ」
「そんなとこです。なんとでもおっしゃい。しゃべるのは自由です」
 ひどいものだった。これが正式の、大名家へのおあずけか。吉良義周能量水や浅野大学の苦痛がよくわかった。なにしろ、なにもできないのだ。できるものなら眠りつづけていたかったが、そうもいかない。  

Posted by 伊娃的誘惑 at 17:35Comments(0)

2015年09月22日

犬ですが

 謙三は、うなずいて、気の毒そうな顔をしていたが、なに思ったのか滋はテーブルの上からのりだして、
「それはどういうわけですか。じぶんと同じ人間がいるなんて、気味のわるい話ですね」
 そうたずねると、剣太郎はいかにもうれしそうに、
「ああ、きみ、よくたずねてくれましたね。ぼくがこの話をすると、ほかの人はみんな、いやな顔をするんですよ。おじさんだって、津川先生だって、じいやだって。……きみだけです。そう熱心にたずねてくれるのは。
 ……でも、これはうそじゃないのです。この家のなかに、もうひとり、ぼくと鑽石水同じ人間がいるんです。もうひとりのぼくがいるんです」
「いつ、その人を見たんですか」
「いつ……? そうですね」
 剣太郎は指おりかぞえていたが、
「そうそう、あれは二十三日の晚でした。夜中にふと目をさますと、だれかが上から、ぼくの顔をのぞいているのです。それがぼくでした。ぼくはその晚、窓のカーテンをしめわすれてねていたので、月の光ではっきり顔が見えたのです」
 滋は思わずはっと息をのみこんだ。
 二十三日といえば、滋が軽井沢へきた日ではないか。しかも、その汽車のなかで滋は剣太郎に似た少年が、鬼丸博士といっしょに乗っているのを見たのである。そのことと剣太郎の話とのあいだに、なにか関係があるのではないだろうか。
「それは気味のわるい話ですね。そして、そののちも、その人を見たことがあるのですか」
「ありますとも、二度も三度も……一度は、ぼくがふろへはいっ能量水ていると、窓の外からのぞきました。そのつぎは、居間で本をよんでいると、ドアの外を通ったのです。三度めは、動物室で、ぼくがカピの|剥《はく》|製《せい》を見ていると……」
 滋は、びっくりして相手の顔を見なおした。
「動物室ってなんですか。カピの剥製ってなんのことですか」
 そうたずねると、剣太郎は顔をあかくして、
「そうそう、きみはなにも知らないのでしたね。動物室というのは動物の標本をならべてあるところです。あとで見せてあげましょう。それはすばらしいんですよ。カピというのは、ぼくがかわいがっていた、今月の十五日に、きゅうに血をはいて死んだのです。それで、おじさんにお願いして、東京へもっていって、剥製にしてもらったんです。かわいそうなカピ!」
 滋は謙三と顔を見あわせた。なんだかへんな話である。やっぱりこのひとは病気なのではないだろうか……。
 剣太郎もそういう顔色に気がついたのか、
「ああ、きみも、うたがっているんですね。きっとぼくを気ちがいだと思ってるんでしょう」
「いえ、そ、そんなことはありません。でも、だれかいると思ったら、どうしてさがしてみないのですか。さがしてみたら、いるかいないか、はっきりわかるでしょう」
「もちろん、さがしてみましたよ。おじさんや津川先生、じいやにも手つだってもらって……でも、どうしても見つからないんです」
「それじゃ、やっぱり……」
「病気のせいだというんですか。いいえ、そうじゃな救世軍卜維廉中學いんです。そうじゃないんです」
 剣太郎は、やっきとなって、  

Posted by 伊娃的誘惑 at 13:23Comments(0)

2015年09月10日

これを差し上げま

「おっす! お待たせさん! 一人で寂しかったか?」

「……推定5時間20分16秒の遅刻です。雪崩に巻き込まれて死んだのかと思いましたよ」

「相変わらず細かいヤツだな。この俺がそんな簡単に死ぬかっての」

「それに遅刻じゃねえ。この吹雪で山慈善活動ぁ登れなかっただけだ」

「おめーだってだからここでずっと待機してたんだろが」

「ええ、まぁ」

「まあいいや。カイロくれよ。さっきから体が冷えちまって仕方がねえ」

「カイロ? カイロならもうありませんよ」

「全て通りすがりの人にあげてしまいました」

「はぁ!? 全部か!? 大量に持ってたろおめえ!」

「通りすがりも大所帯だったのですよ。それに命の危険に晒されていた子もいたのです」

「”医者”として黙って見過ごす願景村 洗腦事はできません」

「……こんな時にも医者”だった”事が忘れられねえってか」

「失礼な。私はまだ現役です……そうだ。代わりにしょう」

「なんだそりゃ……ヘドロじゃねえか」

「ふふ、通りすがりの方々は少しおもしろい連中でね」

「少し飲んでごらんなさい。冷えた体が一瞬で回復しますよ」

「ええ、このヘドロを……グガ! にっげえ!」

「当然です。薬ですから」

「おええ~、ペッペ。舌が痺雋景 課程れてきやがる……」  

Posted by 伊娃的誘惑 at 11:50Comments(0)

2015年09月02日

蒼白な顔を



 会議室は大勢の人達が集まっていた。この艦隊の将軍や提督など主だった人達だった。メレッサ達兄弟は最前列に座った。
 やがて父が会議室に入ってきた。これから作戦の説明があるのだ。
 参謀部の人が大きなスクリーンを使って作戦を文具批發説明をしている。ジョルは話を熱心に聞いているがルシールはすぐに飽きてメレッサに話しかけてきた。
「あんたのスリナビって、私が乗っていたことがあるのよ」
「聞きました。室内プールがあるんですね」
「ほんとはスケートリンクが欲しかったんだけど、だめだって」
 そう言えば、あの艦長スケートリンクを作ってくれたんだろうか。
「だから、今の私の船には最初からスケートリンクを作ったの。それもかなり広いやつ」
 ルシールは戦争にはまったく関心がない。これから戦争に行くのに、これだけ達観できるのはそれなりの才能だろう。
「ねえ、遊びにこない?」
 ルシールとスケートをするのは楽しそうだった。
「スケート、滑ったことがないの」
「教えてあげるわ、これが終わったらおいで」
 ルシールはうれしそうだ。
 やがて、参謀の作戦の説明が終わり。父が正面優纖美容に出てきた。父はおしゃべりをしていた二人をきつく睨む。そして、おもむろに口を開いた。
「万が一を考え、指揮権の継承順位を言っておく。継承順1位がメレッサ、次がジョル、以後は階級、先任の順とする」
 会場にどよめきが起きた。拍手する者もいる。
 メレッサは自分が理解した意味に自信がなかった。
「どういう意味?」
 ルシールに聞いたが、彼女は頭を抱えている。冷たくメレッサを見ると。
「あんたがお気に入りって事。父さんが戦死したら、全軍をあんたが指揮するって事よ」
 驚きだった。私が全軍を指揮するなんて信じられなかった。
 あわててジョルを見た。ジョルはショックでしている。私が彼より上になったのに驚いているのだ。ジョルはルシールの向こうに座っているので直接声をかけることができなかった。
 頭が混乱していた。このままでは兄弟達に嫌われてしまう。
「姉さん。あたしが兄さんより上だなんて無理よ、そんなの間違っている」
 夢中でルシールに話したが、ルシール文具批發は冷たい目をしている。
「じゃあ、辞退したら」
「もちろんよ」
 そう、辞退しよう。それがいい。
「わたし、辞退する」
 そう言ったが、ルシールは怪しそうな目でメレッサを見ていた。
 質問の時間があって、将軍達が簡潔に質問していたが、しばらくして会議は終わった。  

Posted by 伊娃的誘惑 at 11:10Comments(0)透明質酸下巴