Information
オタクの電脳
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
伊娃的誘惑

2015年09月02日

蒼白な顔を



 会議室は大勢の人達が集まっていた。この艦隊の将軍や提督など主だった人達だった。メレッサ達兄弟は最前列に座った。
 やがて父が会議室に入ってきた。これから作戦の説明があるのだ。
 参謀部の人が大きなスクリーンを使って作戦を文具批發説明をしている。ジョルは話を熱心に聞いているがルシールはすぐに飽きてメレッサに話しかけてきた。
「あんたのスリナビって、私が乗っていたことがあるのよ」
「聞きました。室内プールがあるんですね」
「ほんとはスケートリンクが欲しかったんだけど、だめだって」
 そう言えば、あの艦長スケートリンクを作ってくれたんだろうか。
「だから、今の私の船には最初からスケートリンクを作ったの。それもかなり広いやつ」
 ルシールは戦争にはまったく関心がない。これから戦争に行くのに、これだけ達観できるのはそれなりの才能だろう。
「ねえ、遊びにこない?」
 ルシールとスケートをするのは楽しそうだった。
「スケート、滑ったことがないの」
「教えてあげるわ、これが終わったらおいで」
 ルシールはうれしそうだ。
 やがて、参謀の作戦の説明が終わり。父が正面優纖美容に出てきた。父はおしゃべりをしていた二人をきつく睨む。そして、おもむろに口を開いた。
「万が一を考え、指揮権の継承順位を言っておく。継承順1位がメレッサ、次がジョル、以後は階級、先任の順とする」
 会場にどよめきが起きた。拍手する者もいる。
 メレッサは自分が理解した意味に自信がなかった。
「どういう意味?」
 ルシールに聞いたが、彼女は頭を抱えている。冷たくメレッサを見ると。
「あんたがお気に入りって事。父さんが戦死したら、全軍をあんたが指揮するって事よ」
 驚きだった。私が全軍を指揮するなんて信じられなかった。
 あわててジョルを見た。ジョルはショックでしている。私が彼より上になったのに驚いているのだ。ジョルはルシールの向こうに座っているので直接声をかけることができなかった。
 頭が混乱していた。このままでは兄弟達に嫌われてしまう。
「姉さん。あたしが兄さんより上だなんて無理よ、そんなの間違っている」
 夢中でルシールに話したが、ルシール文具批發は冷たい目をしている。
「じゃあ、辞退したら」
「もちろんよ」
 そう、辞退しよう。それがいい。
「わたし、辞退する」
 そう言ったが、ルシールは怪しそうな目でメレッサを見ていた。
 質問の時間があって、将軍達が簡潔に質問していたが、しばらくして会議は終わった。  

Posted by 伊娃的誘惑 at 11:10Comments(0)透明質酸下巴

2015年07月31日

出ても薬を飲

 野菜と果物、それにレトルトのお粥を買った。松下の家に炊飯器はあるが、壊れて使えなかった。お粥は温めるだけで、ネギと卵を加えて少しアレンジして、野菜だけのスープを作った。
 松下は眠っていたようだったが、ドアの音に目Dream beauty pro 黑店を覚まして起き上がった。
「食欲はないかもしれないけれど、食べられるだけでも食べてください」
 湯気の立つ粥を見て、松下が微笑んだ。
「おいしそうです」
 匙を取り、一口食べる。二口、三口と粥は松下の喉許を滑り、すべてきれいに食べ尽くされた。 野菜スープも同様で、松下は汁の一滴すら残さなかった。
「とてもおいしかったです」
 感謝の言葉とともに匙を置いた松下は、ベッドサイドのトレイを見て不意に呟いた。
「それは桃ですか」
「嫌いでしたか」
「いえ…とても珍しかったので」
「風邪の時は、こういうものがおいしいかなと思ったので。缶詰で申し訳ないですけど」
 松下は嬉しそうに桃を食べた。食べたあとで、松下は門脇に勧められるまま薬を飲み干した。食器を下げて、顔の赤みと熱の引かない松下のために、冷やしたタオルを額にあてた。
「気持ちいいです」
 松下はすうっと目を閉じた。
「僕の家は両親が医者でしたから…熱がんで詩琳ッドで寝ていなさいといつも言われていました」
 松下がうとうと眠りかけた気がして、門脇はそっと立ち上がった。
「隣の部屋で本を読んでてもいいですぁ」
「どうぞ」
「具合が悪かったら呼んでください」
「はい」
 と答えたあとで『あの…』と松下は小声で門脇を呼び止めた。
「かまわなかったら、この部屋で本を読んでもらえませんか」
「えっ…」
「でも風邪がうつったら大変ですね。やっぱりいいです」
 松下は横になって目を閉じ、門脇は書斎で数冊の本を見繕って松下の寝室に戻った。ベッドの横枠を背もたれにして、眠る松下のかたわらで本を読んだ。三十分ほど本を読み、もうそろそろ額のタオルを替高壓通渠えたほうがいいかと松下の額に手をあてると、閉じていた瞼がゆっくり開いた。
「タオルはもういいです。ずいぶんと気持ちよくなりました」
「そうですか」
「君がそばにいる気配に、僕はとても安心します」
「誰だって体の調子の悪い時は、気弱になりますよ」  

Posted by 伊娃的誘惑 at 16:31Comments(0)透明質酸下巴

2015年04月13日

距離扯松了牽念

任我百般挽留,你卻執意選擇要走,你說緣分已到盡頭,何必再去苦苦強求。我默然了,你的身影一會就已消失在我眼前。

任我百般留戀你,千般呼喚你,你都不願意再聽中醫癌症我最後對你一次次的挽留。原來這一切,都已惘然!

你說:“愛情本身就是一場你情我願的遊戲,累了自然會離開。”原來是我把過客當成了一輩子。想要看清事實,就得需要一些經歷跟疼痛。我們最大的錯就是在相遇的那一刻沒有擦肩而過。如若當初擦肩,也許今天我就不會這麼心痛難受了。

再回首,我竟然想找個說話的人都沒有了。原來,在所有付出的過程中,為了一個你,我竟然丟失了屬於自己的全部世界。最後發現,我失去的不是你,而是我丟掉了自己,這所有的一切,不過是上天給我安排的一場獨角戲罷了。心太痛,太痛……之後便不覺著痛了.也記不清楚那些班駁的光影。

後來,時間淡化了心動、距離扯松了牽念,還是懷念當初那透明質酸下巴驚天告白、輾轉成歌。好多人都是在那個年紀裏遭逢了“錯過”。那時春風淌來一路幽芳,誰在櫻花樹下等你……  

Posted by 伊娃的誘惑 at 10:50Comments(0)透明質酸下巴